スポンサードリンク

ネタ

そんなのに全国大会が!?電話応対コンクール

更新日:

この記事の所要時間: 240

そう、電話応対には全国大会があるんです。
それが「電話応対コンクール」

電話応対の技術を競い合う大会で、毎年開催されています。
主催は、財団法人日本電信電話ユーザ協会という団体
なんでも、NTTから派生しているそうです。

そんな電話応対の全国大会の凄さにフォーカス。

 

電話応対の全国大会にも、種類がある?

 
電話応対の全国大会には二種類あります。
決められたテーマの応対内容で競い合う「電話応対コンクール」

客を装って電話をかけ、
その応対内容で競い合う「電話応対コンテスト」
以上の二種類です。

無題

そして、全国大会というくらいなので、当然のことながら
地区予選、県予選とステップがあります。

 

そんな中で全国大会に進むことは、想像以上に困難です
上位に進出するための能力は、一朝一夕では身に付きません。

全国常連の企業は何カ月もかけて準備を行い、
そのための研修にかなりの時間を割きます。

 

しかしやっぱり強いのは、コールセンタースタッフ。
特に証券や金融系は問い合わせも多いため、上位の常連です。

もちろんそのためのトレーニングは凄いです。
そして実際にかけてみればわかりますが、
レベルは高いんですよ。

 

2009年はなんと、靖国神社職員が優勝

 
そんな中で2009年に行われた大会では、
何と靖国神社の職員が優勝。

コールセンタースタッフには衝撃を与え、
一般的にも話題になり、ニュースでも取り上げられました。

 

「靖国神社職員が電話応対コンクールで日本一」

 

電話とはいえ、表情が大事

 
全国までいくと皆動きが凄いんですよね。
歌姫のごとく手が良く動きます(笑。
電話なのに笑顔が凄いし。

とはいえ、これって重要なんですよ。
まあ、手はともかくとして(笑、顔は非常に大事。

 

やはり笑顔を感じる声は、笑顔を作らないと、
出すのは難しいんですよ。

 

メールやネットが主流でも、やはり電話が重要

 
ユーザーサポートとか、相談室とか、
意外と電話をかける機会ってありますよね。

2013-09-16_184221

各企業、BtoCであれば、ほとんどと言って
良いほどお客様相談室を持っています。

某飲料メーカーも某お菓子メーカーも、はたまた某スーパーも。

 

でも、「良かったなあ」って思える対応って、
あんまり出逢えないんじゃないでしょうか。
まあ、そんなに気にしてる人は多くないかもしれませんが。。。

とはいえメールやインターネットが発達しても、
電話の重要性というのは変わりません。

 

未だにビジネスの重要性で言えば、
1対面
2電話
3メール

です。

電話関係の仕事をしている身として、
より一層の価値向上に寄与したいと思ってます。

スポンサードリンク

-ネタ

Copyright© ニュース スペースろいど , 2018 All Rights Reserved.