スポンサードリンク

芸能

KAT-TUN初4人カウントダウン演出とライブ構成は?ファンは?

更新日:

この記事の所要時間: 317

2001年に結成されたKAT-TUN
華やかなデビューからすぐに人気爆発となり、今年で12年目です。

相次ぐメンバーの脱退により、
多くのファンからグループ存続を心配する声も多かったようです。

そして2013年。

4人となったKAT-TUNは初の単独カウントダウンライブを行います。
志も新たに初4人での演出やライブ構成にフォーカス。

 

カウントダウンライブの開催場所。

「KAT-TUN COUNT DOWN LIVE 2013」 は大阪、京セラドームで行われます。

この京セラドームの年越しとなる12月31日は、
過去にはKinki kidsや関ジャニ∞など、
ジャニーズがライブを行っていました。

いわば、31日の京セラドームは
関東の東京ドームで行われる”ジャニーズカウントダウンライブ”に匹敵する公演だと考えられ、
京セラドームからの生中継なども臨場感ある生放送に一役かっていたと思われます。

勿論、昨年まではKAT-TUNも、
東京ドームで行われていた”ジャニーズカウントダウンライブ”に出演していました

 

今年、KAT-TUNのメンバー田中聖が解雇によりグループを脱退する事となり、
ファンの間では今後の活動がどうなるのかと暗雲立ち込める状況でしたが、
そんな不安をかき消すように、急遽、年越しライブ開催の発表がされました。

今までの主な活動は東京だったKAT-TUNが、
なぜ大阪で? なぜ初単独? とファンの間でも囁かれました。。。

これは、相次ぐメンバーの脱退に危機を感じていたのではないかと思われます。
イメージダウンを払拭し、新しく生まれ変わるKAT-TUNにとってプラスになる話題を必要としたのではないでしょうか。

 

そうなると、問題になるのは会場です。。
ここ数年は関ジャニ∞が地元である大阪、京セラドームを埋めていましたが、
紅白出場決定により、昨年からは空箱となっていました。

そこで白羽の矢が立ったのが
「京セラドーム」での「KAT-TUN 初単独カウントダウンライブ」
ではなかったのかな、、と思います。

 

ライブの演出や構成は?

田中聖の脱退後、すぐに約1年半振りにミニアルバム「楔-kusabi-」を発売。

アルバム先行でライブが決定したのか、
ライブ先行でアルバム制作になったのかはわかりませんが、
連動で企画された事は間違いないのではないかと思います。

もともと、田中聖はKAT-TUNの中でもラップを担当していたため。
ライブを行うには、どうしても4人だけで披露出来る、
新しい楽曲が必要だったと考えられます。

今回のライブは、
ほぼこのアルバム「楔-kusabi-」からの曲構成だと考えれると思います。

 

東京の”ジャニーズカウントダウン”との中継もあるため、
通常で披露するほどの曲数を揃える事もないのです。

過去の京セラドームでの年越しでも、
”ジャニーズカウントダウン”の放送中は、大きなビジョンに生の映像が中継されています。
その間はちょっとしたカラオケ大会のような盛り上がりで楽しめます。

今年はそんな和気あいあいのKAT-TUNが見れる演出になると思います!

 

ファンの声。。。

とりあえず嬉しい! 頑張って欲しい!!という声がほとんどでした。

アーティストにとってファンというのは本当に大切なものです。
一緒に歩んで行くとでも言うのでしょうか、、
そんな沢山のファンに支えられているKAT-TUN。

これからの更なる活躍を期待して、、、
初の4人カウントダウンライブを是非、大成功させてもらいたいと思います!

スポンサードリンク

-芸能

Copyright© ニュース スペースろいど , 2018 All Rights Reserved.