スポンサードリンク

芸能

マツコとギネス?日本人初公式認定員石川佳織のプロフィールは?

更新日:

この記事の所要時間: 227

世界記録の裏側には、なにがあるんでしょう?

5月10日(金)放送の『マツコの知らない世界』(TBS 毎週金曜24時20分~)に、
日本人初のギネス公式認定員となった石川佳織さんが出演します。

世界の最大、最小、最速、最高、最低を記した「ギネスブック」の「知らない世界」
とはなんなんでしょう?

ちなみに『マツコの知らない世界は、

ゲスト自ら得意ジャンルや、現在ハマっているものを企画として
持ち込み、マツコにプレゼンしていくというスタイルの番組です。

ゲストごとに繰り広げられる独自の世界観と、自然体のマツコだからこそ
できる鋭いツッコミが見所です。
※公式サイトより

という番組。

そして今回のゲストである、石川佳織さん。

日本人初のギネスワールドレコーズ公式認定員となったのは、2007年

ギネスブックの浸透度合いの割に、それまで日本人の認定員がいなかったのは
意外な気がします。

ちなみに石川さんは当時イギリスに住んでいて、大英博物館をはじめ、日本人の
ガイドなどをする仕事をしていたそうです。

既に日本からのギネスブック申請は多かったんですが、
日本人の認定員がいなかったため申請は全て英語。

認定員もわざわざイギリスから派遣されていたそうです。

ロンドンで日本語を使える仕事をしたいと思っていた石川さんは、
認定員の募集に応募。

当時試験は面接で、「一人で旅行は好きですか?」とか「いきなり、今週末どこか
行ってくださいと言われたら行けますか?」
という内容だったとか。

そして晴れて日本人初のギネス公式認定員の誕生となりました。

その後は日本での知名度もより一層高まり、青山の外苑前にオフィスができ、
現在日本の認定員は7名いるそうです。

全世界で約50人(2012年時点)しかいないことを考えると、結構多いかも。
他に認定員として有名な方には小川エリカさんがいますね。

でも石川さんのウィキがないのに、小川さんのがあるのはビックリしましたw。
石川さんは、イマイチ詳しいプロフィールがわからなかったです。。。

それはさておき目下の目標は、英語だと無料なのに日本語だと10万円程度かかる
申請手続きを無料にし、子供でも気軽に世界記録に挑戦できる環境を作ることだそうで。

ちなみに認定員は現在も募集しているそうです。

ただ、当たり前ですが中々大変な仕事のようです。
記録判定の立会いは基本一人。

測定から判定まで一人で行うことの大変さももちろんですが、時には、大人数を相手に
「記録として認められない」という対応をすることも。

やる側は必死ですもんね。

恐らくそんな裏側も含めて今日は聞けるはずです。
どんな話が飛び出すんでしょう。

以上、終わり。

スポンサードリンク

-芸能

Copyright© ニュース スペースろいど , 2018 All Rights Reserved.